• 本

女子と乳がん

出版社名 扶桑社
出版年月 2017年11月
ISBNコード 978-4-594-07847-8
4-594-07847-8
税込価格 1,296円
頁数・縦 257P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

TVや雑誌で話題の若年性乳がんサバイバーが、女子の時代と惜別し、乳がんと共に駆け抜けながら感じた「違和感」をまとめた待望の新作!若年性乳がん罹患当事者たちが赤裸々に語る、治療中から治療後のお金、恋愛・結婚離婚・妊娠、そして仕事のこと。

目次

松さや香の事例
1章 人生で一番ファンクネスな時期「闘病中」(わたしと彼女の宗教戦争
どうしてがんになるのかまだ誰も知らない ほか)
2章 同じように見えて、同じではないわたしたち(街がピンクに染まるから、わたしの心は青緑
ただ同じがんなだけ ほか)
3章 どっこい生きてる風の中(美穂ちゃんだって普通の女子
アチさんの再婚 ほか)
4章 普通に働く(これからは「〜しながら働く」時代に
下支えは自分自身 ほか)

著者紹介

松 さや香 (マツ サヤカ)  
1977年東京生まれ。29歳のとき、若年性乳がんに罹患。治療中に編集者、国際線客室乗務員を経験し、現在寛解(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)