• 本

すべてのJ−POPはパクリである 現代ポップス論考

扶桑社文庫 ま17−1

出版社名 扶桑社
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-594-07937-6
4-594-07937-7
税込価格 756円
頁数・縦 284P 16cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

表題の「すべてのJ‐POPはパクリである」というセンセーショナルな言葉が議論を呼んだ本書。ヒット曲によく使われている「カノン進行」という言葉も世に知らしめた。だが、本書で書かれていることの幅は単なる「パクリ批判」などの矮小なものでは決してなく、現代社会におけるものづくりの真髄にまで達する。ヒット曲の秘密を知るための音楽批評を超えた、現代社会批評の書。クリエーターのみならず、作品を楽しむ消費者目線でも楽しめる。

目次

第1章 ヒット曲の法則(ヒット曲を生み出す時代背景
なぜ「ツッコミ目線」の消費者が泣きたがるのか? ほか)
第2章 なぜCDが売れなくなったのか?(ファッション化する音楽
アーティストも小粒なった? ほか)
第3章 モノマネから発するオリジナリティー(作詞作曲モノマネはオリジナルなものを生み出す
オリジネイタータイプとフォロワータイプ ほか)
第4章 日本のポップスはすべてノベルティー・ソングだ(アーティストの非常に「柔らかい部分」
ヒットする表現が持つ「ある一定の幅」 ほか)

著者紹介

マキタスポーツ (マキタスポーツ)  
1970年生まれ。ミュージシャン、芸人、俳優、コラムニスト。2013年、映画『苦役列車』での演技により、ブルーリボン賞新人賞、東スポ映画大賞新人賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)