• 本

医者が教える最強の温泉習慣

出版社名 扶桑社
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-594-08004-4
4-594-08004-9
税込価格 1,430円
頁数・縦 207P 19cm

商品内容

要旨

温泉で体と脳の毒が消える!動脈硬化、糖尿病、高血圧、がん、うつ、慢性疲労、肩こり、不眠…etc.エビデンスが明らかにした驚異の健康効果。間違いだらけの温泉の入り方、していませんか?

目次

序章
1章 温泉に入ると、なぜ健康になるのか(温まると、こんなにいいことがある
体温と体調は深く関係する ほか)
2章 「温泉の健康効果」の正体(なぜ、温泉で怪我が治るのか
痔や目の病気にも温泉が効く ほか)
3章 温泉に入るだけで幸せになれる理由(日本人がメンタル面の不調を抱える理由
脳波の変化から知る温泉のリラックス効果 ほか)
4章 最も効率的に温泉に入る技術(朝風呂と夜風呂、どちらが正解?
入浴前は緑茶を飲むのに最適な時間 ほか)
5章 泉質を知れば、温泉はもっと脳と体を癒やす(迷ったときは、「単純泉」を選ぶ
美人の湯「炭酸水素塩泉」 ほか)

著者紹介

一石 英一郎 (イチイシ エイイチロウ)  
1965年、兵庫県生まれ。医学博士。国際医療福祉大学病院内科学教授。京都府立医科大学卒業、同大学大学院医学研究科内科学専攻修了。日本内科学会の指導医として医療現場の最前線を牽引する一方、伝統医療と西洋医療との知見の融合や統合医療研究、医工学研究、最新の遺伝学にも造詣が深い。温泉入浴指導員の資格も有するなど、温泉を活用した健康増進にも精通する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)