• 本

ゴーマニズム宣言 2nd Season1

出版社名 扶桑社
出版年月 2018年12月
ISBNコード 978-4-594-08118-8
4-594-08118-5
税込価格 1,320円
頁数・縦 207P 21cm
シリーズ名 ゴーマニズム宣言

商品内容

要旨

日本人よ、いつまでアメリカの属国であり続ける気か?偽善者どもよ、わしを恐れよ!「立憲的改憲」で権力の暴走を縛り、アメリカの侵略戦争に加担できないようにせよ!かつて「オウムに殺されかけた漫画家」として、麻原以下オウム13人死刑とオウム事例を総括!…など、内容盛りだくさん!

目次

復活の狼煙を上げる
西部邁、属国に死す
権力忖度システムの愚劣
立憲的改憲いうに選択がある
女人禁制は伝統ではない
セクハラより人材だ
枝野幸男・コスタリカ・ガンジー主義
長谷部恭男の愚民思想を撃つ
地位協定と憲法9条
安倍「自衛隊明記」の危険
「自衛隊明記」に潜むコンプレックス
君たちはどう生きるか
オウム教祖・幹部、死刑執行
なぜ高学歴の若者がオウムに入ったか
VXガス暗殺団との戦い
吉本隆明らインテリの犯罪
オウムを利する危険なリベラル

出版社・メーカーコメント

あの『ゴーマニズム宣言』が、23年ぶりに『週刊SPA!』に復活!! 小林よしのり、最期の戦いが「より凶暴に」始まる! 1995年、オウム真理教事件への報道姿勢の違いから『週刊SPA!』と決別した小林よしのりさんが、23年のときを経て『ゴーマニズム宣言』の連載を再開し、『週刊SPA!』に復活しました(2018年4月から)。その第一巻がついに刊行! 小林さんは『ゴー宣』を復活させた理由を、次のように語ります。 「再びわしが毎週という過酷なペースで『ゴーマニズム宣言』を描くことにしたのは、怠惰と堕落の底に沈んだ日本を、再浮上させるための最期の戦いが必要だと決意したからである。 未だ皇位の安定的継承もならず、戦後レジームからの脱却もならず、貧富の格差拡大や、少子高齢化における将来不安、女性の地位やLGBT等の問題、先端生殖医療の倫理観など、あらゆる価値が混沌とする状況で、総合的に語る思想漫画を子孫に残しておこうと考えた。」(巻末収録「檄文」より) するどく現在の社会問題に切り込む本作では、 ●安倍改憲には権力の暴走を縛る「立憲的改憲」で対抗せよ! ●オウム13人の死刑を経て、「オウムに殺されかかった漫画家」としてあの事件を総括! といった大テーマのほか、セクハラ問題、日米地位協定、新幹線通り魔殺人事件など、さまざま事象に対し、「ごーまんかましてよかですか!?」と数々の"断言"な問題提起します!