• 本

戦後七十年の真実

扶桑社文庫 わ10−5

出版社名 育鵬社
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-594-08189-8
4-594-08189-4
税込価格 770円
頁数・縦 223P 16cm

商品内容

要旨

14歳で終戦を迎えた著者が自らの歩みとともに著した戦後日本の実像。百田尚樹氏追悼文収録。

目次

第1章 私の履歴書(序章)
第2章 終戦とは何だったのか
第3章 終戦後、何がどう変わったのか
第4章 主権回復後の日本―冷戦と安保条約
第5章 高度経済成長とオリンピック
第6章 冷戦の終結と失われた20年
第7章 残された課題

著者紹介

渡部 昇一 (ワタナベ ショウイチ)  
昭和5(1930)年山形県生まれ。上智大学大学院修士課程修了。ドイツ・ミュンスター大学、イギリス・オックスフォード大学留学。Dr.phil.(1958)、Dr.phil.h.c.(1994)。上智大学教授を経て、上智大学名誉教授。専門の英語学のみならず幅広い評論活動を展開する。昭和51年第24回エッセイストクラブ賞受賞。昭和60年第1回正論大賞受賞。平成29(2017)年4月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)