• 本

inubot回覧板

出版社名 扶桑社
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-594-08273-4
4-594-08273-4
税込価格 1,650円
頁数・縦 144P 21cm

商品内容

要旨

TwitterやESSE onlineの連載が大人気!気鋭のフォトグラファー北田瑞絵が写真と文で切り取る、犬との暮らしの風景。

目次

夏―柴犬が家にやってきた!名づけに込めた思い
夏―犬がいてくれて、苦手な夏が好きに変わった
夏―犬よ、来てくれてありがとう。ささやかなパーティは続く
秋―自由すぎる犬の寝相。思わず時間を忘れます
秋―秋がめぐってきた。柿、イチョウ、そして犬
冬―いつか変わってしまう写真の役割のこと
冬―犬と過ごしたお正月。いい年になりそうです
冬―コタツで寝ていたら、横に犬
番外編―犬を甘やかすと同時に甘やかされて
春―この春は犬を見習って五感を働かせたい
かけがえのない毎日の散歩。今日はどこ行く?
3日入院して帰ってきたあと、犬が取った行動

著者紹介

北田 瑞絵 (キタダ ミズエ)  
1991年和歌山生まれ。バンタンデザイン研究所大阪校フォトグラファー専攻卒業。2016年にポートフォリオ「一枚皮だからな、我々は。」で、塩竃フォトフェスティバル大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)