• 本

漫画香港デモ激動!200日

出版社名 扶桑社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-594-08400-4
4-594-08400-1
税込価格 1,320円
頁数・縦 131P 21cm

商品内容

要旨

発端、経緯、そして住民の本音とは?自らデモに参加し取材した香港在住の著者による現地でしかわからない香港デモの真実と現在点がここに!綿密なリサーチを元に描き出す渾身のコミック・ルポルタージュ!倉田徹・立教大学教授による詳細な解説付き!

目次

2018年8月30日 国際都市・香港での留学
2019年6月4日 天安門事件30周年追悼集会と六四紀念館
2019年6月16日 史上最大の200万人デモが香港政府を動かす!
2019年6月26日 雨傘運動メンバーも参加、一番損な若者世代
2019年7月1日 香港返還記念日デモで香港の政治問題を知る
2019年7月14日 なぜ、香港人はこんなにデモを続けるのか
2019年7月21日 わが元朗駅で白い服のヤクザが乗客を襲撃!
2019年8月13日 高まる中国14億人の愛国心と香港への憎悪
2019年8月18日 ネット攻撃による炎上の恐怖
2019年8月31日 警察の殺人列車と改正法案の完全撤回〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

香港で何が起こっているのか?デモの発端、経緯、そして住民の本音とは?●自らデモに参加し取材した香港在住の著者による、現地でしかわからない香港デモの真実と現在点がここに!●30分でわかる! 漫画で香港デモを総解説!●倉田徹・立教大学教授による詳細な巻末解説付き!主人公・秋田浩史は日本の香港に留学中の大学3年生。香港人の恋人もでき、彼らの抱える歴史的背景などを学ぶなか、留学終了まぎわの2019年6月、香港で反政府デモが起こる。香港人たちの「自分の未来は自分で切り拓く」という姿勢に胸を打たれた浩史自身もまた、デモの中に身を投じることに。香港人が戦う敵とは何か、 デモの先に何を得るのか?香港在住の著者が、現地で実際にデモに参加するなかで目にした現実と、綿密なリサーチをもとにリアリティ溢れる視点で描きだす、渾身のコミック・ルポルタージュ!

著者紹介

秋田 浩史 (アキタ ヒロフミ)  
香港在住の日本人。6月の天安門事件追悼集会、200万人デモから現在まで香港デモに参加し続ける
倉田 徹 (クラタ トオル)  
立教大学法学部政治学科教授。専門は現代中国・香港政治
TOA (TOA)  
「むずかしそうを、わかりやすいに!」をモットーに、様々な分野でイラストや漫画を制作(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)