• 本

パチンコ崩壊論

出版社名 扶桑社
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-594-08753-1
4-594-08753-1
税込価格 1,760円
頁数・縦 285P 19cm

商品内容

要旨

コロナ禍における根拠なき壮絶なバッシング、減り続けるファンの数、倒産と廃業が続くパチンコホール…。過渡期を迎えたパチンコ業界の今を余すところなく語った、パチンコ文化論の決定版。業界関係者が目を背けるパチンコ問題の核心に迫る一冊!

目次

時系列で見るコロナとパチンコ
第1章 コロナとパチンコ
第2章 パチンコと客
第3章 パチンコライターという存在
第4章 篠原菊紀×大崎一万発×ヒロシ・ヤング スペシャル鼎談1 脳汁から考えるパチンコ依存
第5章 POKKA吉田×大崎一万発×ヒロシ・ヤング スペシャル鼎談2 パチンコと警察 釘と未来
第6章 パチンコの未来を考える