• 本

最強の日本史100 世界史に燦然と輝く日本の価値

扶桑社文庫 や9−1

出版社名 育鵬社
出版年月 2021年4月
ISBNコード 978-4-594-08774-6
4-594-08774-4
税込価格 880円
頁数・縦 343P 16cm

商品内容

要旨

“応神・継体が新王朝ではありえない証拠”“『日本書紀』は長すぎる”“帝王の寿命以外はすべて史実”“神功皇太后は大正15年まで歴代天皇に数えられていた”ほか合計100項目。

目次

第1章 日本人・日本語・日本神話
第2章 邪馬台国・大和朝廷・神功皇太后
第3章 仏教伝来・聖徳太子・大化の改新
第4章 荘園制・摂関制・武士の登場
第5章 幕府・元寇・禅宗文化
第6章 天下統一・南蛮船・朱子学
第7章 黒船来航・明治維新・大東亜共栄圏
第8章 占領・高度成長・バブル崩壊
第9章 民主党政権から安倍政権の時代を世界史の文脈で読む

出版社・メーカーコメント

世界史のなかに日本はどう描かれるべきか?自尊でも自虐でもなく、かつ外国人にも理解できる公平な視点で歴史を捉えた、日本人にとって誇りが持てる日本史。第一章 日本人・日本語・日本神話  第二章 邪馬台国・大和朝廷・神功皇太后  第三章 仏教伝来・聖徳太子・大化の改新  第四章 荘園制・摂関制・武士の登場  第五章 幕府・元寇・禅宗文化  第六章 天下統一・南蛮船・朱子学  第七章 黒船来航・明治維新・大東亜共栄圏  第八章 占領・高度成長・バブル崩壊  第九章 民主党政権から安倍政権の時代を世界史の文脈で読む本書は2017年3月に出した「日本と世界がわかる最強の日本史」を改題して再編集したものです。

著者紹介

八幡 和郎 (ヤワタ カズオ)  
1951年滋賀県生まれ。東京大学法学部卒業。通商産業省(現経済産業省)入省。フランスの国立行政学院(ENA)留学。北西アジア課長、大臣官房情報管理課長、国土庁長官官房参事官などを歴任後、現在、徳島文理大学大学院教授、国士舘大学大学院客員教授を務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)