• 本

講座ケア 新たな人間−社会像に向けて 4

ケアと健康 社会・地域・病い

  • 近藤克則/編著
出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-623-06729-9
4-623-06729-7
税込価格 3,780円
頁数・縦 337P 22cm
シリーズ名 講座ケア

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

本書は、ソーシャル・キャピタルをキー概念として、社会疫学・社会政策学等の成果を踏まえてケアと健康の関係性を考察したものである。身体的・精神的要因だけでなく人間を取り巻く社会的・経済的環境も、健康の重要な決定要因であるという考えに基づき、健康格差の拡大を予防し「健康なコミュニティ」の構築を可能にするケアのあり方を、愛知県武豊町の地域サロン事業、秋田県の自殺対策等の具体的な事例を基に提言した一冊。

目次

ケアと健康の関係を考える―新たなケアと健康観の確立に向けて
第1部 健康に影響する社会的・環境的・遺伝的要因(社会疫学とは何か―健康の社会的決定要因と健康格差の研究
ソーシャルサポートと健康 ほか)
第2部 ソーシャル・キャピタルと健康(健康の社会的決定要因としてのソーシャル・キャピタル―その作用機序と実証の方法
ソーシャル・キャピタルと自殺予防―コミュニティ・アプローチへの応用 ほか)
第3部 社会的レベルのケアに関わる要因と政策(予防医学におけるハイリスク戦略とポピュレーション戦略
社会的排除・剥奪とライフコース ほか)
第4部 ケアにおける“多対多モデル”(ケアにおける“多対多モデル”の分類と方法・方策
地域資源をつなぎ開発するケアマネジメント)

著者紹介

近藤 克則 (コンドウ カツノリ)  
1958年生まれ。1983年千葉大学医学部卒業。博士(医学・社会福祉学)。現在、千葉大学予防医学センター教授。国立長寿医療研究センター老年学評価研究部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)