• 本

よくわかるスポーツ人類学

やわらかアカデミズム・〈わかる〉シリーズ

出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2017年3月
ISBNコード 978-4-623-08015-1
4-623-08015-3
税込価格 2,700円
頁数・縦 211P 26cm

商品内容

目次

第1部 スポーツ人類学への誘い(スポーツ人類学の視点
スポーツの起源
スポーツの伝播と変容
スポーツと宗教
遊びの人類学)
第2部 スポーツ人類学の諸相(からだと技のスポーツ人類学
サブカルのスポーツ人類学
アイデンティティーとスポーツ
シンボリズムとスポーツ人類学
学びとスポーツ人類学
文化政策とスポーツ人類学)
第3部 スポーツ人類学のエスノグラフィー(日本の民族スポーツ・エスノグラフィー
アジアとオセアニアの民族スポーツ・エスノグラフィー
ヨーロッパとアフリカの民族スポーツ・エスノグラフィー
南北アメリカの民族スポーツ・エスノグラフィー)

出版社・メーカーコメント

スポーツ人類学は文化人類学とスポーツ科学・体育との境界領域であり、ふたつの学問の応用である。本書は100項目を厳選し、スポーツとは何かについて、スポーツ人類学の研究方法、専門用語を位置づけながらわかりやすく解説する。人類文化史というマクロのアングルと特定社会のフィールドワークというミクロのアングルを駆使し、新しい問題の発見と従来の常識に反省を迫る知見を提供する。スポーツを文化の問題としてとらえる考え方や視点を提示した最新のテキスト。

著者紹介

寒川 恒夫 (ソウガワ ツネオ)  
早稲田大学スポーツ科学学術院教授、日本学術会議連携会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)