• 本

青少年の性行動はどう変わってきたか 全国調査にみる40年間

出版社名 ミネルヴァ書房
出版年月 2018年3月
ISBNコード 978-4-623-08333-6
4-623-08333-0
税込価格 7,020円
頁数・縦 269P 22cm

商品内容

要旨

大規模調査から見えてくる40年間の実態と変容。貴重な調査研究として国内外で注目を集める「青少年の性行動全国調査」をもとに、性に関する行動や意識の変化・要因を実証分析によって明らかにする。

目次

「青少年の性行動全国調査」の歴史
第1部 性行動の実態とメカニズム(青少年の性行動・性意識の趨勢
青少年をとりまく家庭内・家庭外の環境とデート経験
青少年の性行動と家庭環境―性交経験の有無とタイミングに着目して
初交時の避妊の状況とパートナーの影響―「同い年」の増加と勢力関係)
第2部 性に対する態度とその変容(性に対する否定的イメージの増加とその背景
「性的なことへの関心」の意味とその変容―性に対する意識・行動との関連について
性や恋愛に消極的な若者―その内実と友人関係の影響
21世紀における親密性の変容―「リスク」としての性行動)
第3部 性についてのリテラシーと性教育(青少年の性被害経験は増えているのか―見知らぬ人・身近な人からの暴力
性について知りたいこととその時代変化
青年期のジェンダーとセクシュアリティ形成―ヘテロノーマティビティへの方向付け)

著者紹介

林 雄亮 (ハヤシ ユウスケ)  
1980年北海道生まれ。2009年東北大学大学院文学研究科人間科学専攻行動科学専攻分野博士後期3年の課程修了。博士(文学)。武蔵大学社会学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)