• 本

有賀喜左衛門著作集 9

第2版

家と親分子分

第二版 有賀喜左衛門著作集   9

出版社名 未来社
出版年月 2001年2月
ISBNコード 978-4-624-90229-2
4-624-90229-7
税込価格 7,344円
頁数・縦 344,15P 22cm
シリーズ名 有賀喜左衛門著作集

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

日本の家を西欧の家族の概念で割り切ることができるかどうかに著者は早くから疑問を抱いていた。家は日本文化の所産であることは明らかであり、著者の諸説の賛成者もいないことはないので、今後ともこの論争はなお続くであろう。親分子分については、日本社会の性格を捉えるために、著者はこれを重要な社会関係の一つと考えてきた。古いと思われているこの関係も、新しい姿で現代にまで存続することを簡単に見過ごすことはできないだろう。

目次

第1部 家と家族の理論(家族と家
家族理論の家への適用―喜多野清一氏の「日本の家と家族」を読んで)
第2部 家・家族理論の形成(村の家
タウト氏のみた白川村
家族制度と労働組織
日本家族制度の特質について
農業の発展と家制度
家について
家制度と社会福祉
結婚と家・子供・社会)
第3部 家族の国際比較(アジアにおける家族の諸問題
日本・中国・朝鮮における家族についての序説
現代日本における家族の変化
親族称呼の本質に関する一考察だ漢民族の親族称呼を通して)
第4部 明治の家庭生活(明治時代における生活文化
家庭生活―物質文化を通して)
第5部 親分子分(親分子分―日本の基礎的社会関係
現代の親分子分)

出版社・メーカーコメント

第一部「家と家族の理論」、第二部「家・家族理論の形成」、第三部「家族の国際比較」、第四部「明治の家庭生活」、第五部「親分子分」で構成される。戦後に発表した家族理論や比較社会学的論文を通じ著者の家族理論の展開を示すと共に、日本社会の基本的社会関係として著者終生の研究テーマの一つであった親分子分関係の特質を明らかにする。