• 本

アウシュヴィッツと表象の限界

ポイエーシス叢書 23

出版社名 未来社
出版年月 1994年4月
ISBNコード 978-4-624-93223-7
4-624-93223-4
税込価格 3,456円
頁数・縦 260P 20cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

アウシュヴィッツに象徴されるユダヤ人虐殺の本質とは何か。歴史学における“表象”の問題を中心に展開されたシンポジウムの成果。歴史的記述の課題をめぐる白熱の討論。

目次

歴史のプロット化と真実の問題
ジャスト・ワン・ウィットネス
プロット化について―ふたつの崩壊
ホロコーストを表象する―歴史家論争の省察
ホロコーストと歴史の終焉―映画にみるポストモダン的歴史叙述
限界の表象

目録情報

アウシュヴィッツに象徴されるナチのユダヤ人虐殺をめぐり歴史学における〈表象〉の問題を追求。(哲学・思想図書総目録より)

出版社・メーカーコメント

アウシュヴィッツに象徴されるユダヤ人虐殺の本質とは何か。歴史学における〈表象〉の問題をギンズブルグ、ホワイトらの議論を中心に展開された白熱のシンポジウムの成果。

著者紹介

上村 忠男 (ウエムラ タダオ)  
1941年、兵庫県尼崎市生まれ。1968年、東京大学大学院社会学研究科修士課程(国際関係論)修了。現在、東京外国語大学名誉教授。学問論・思想史専攻
小沢 弘明 (オザワ ヒロアキ)  
1958年、福島県会津若松市生まれ。1982年、東京大学大学院社会学研究科修士課程(国際関係論)修了。現在、千葉大学大学院人文社会科学研究科教授。中東欧現代史専攻
岩崎 稔 (イワサキ ミノル)  
1956年、愛知県名古屋市生まれ。1988年、早稲田大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授。哲学政治思想専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)