• 本

ヴィーコの哲学

転換期を読む 11

出版社名 未來社
出版年月 2011年2月
ISBNコード 978-4-624-93431-6
4-624-93431-8
税込価格 2,200円
頁数・縦 166,6P 19cm

商品内容

要旨

革命の書か、反動の書か。毀誉褒貶相半ばした“新しい学”へやがて結実するヴィーコの認識理論と自身の“精神の学”との思想的対話を重ね、真理をめぐる神学と数学の交錯を解きほぐす。いまなお比類なき実証性と独創性を誇る先駆的研究のエッセンスを集約。

目次

第1章 ヴィーコの生涯と性格について
第2章 ヴィーコ認識理論の第一の形態
第3章 ヴィーコ認識理論の第二の形態
第4章 ヴィーコ認識理論の源泉

著者紹介

クローチェ,ベネデット (クローチェ,ベネデット)   Croce,Benedetto
1866年、イタリア生まれ、1952年歿。哲学者、歴史家
上村 忠男 (ウエムラ タダオ)  
1941年、兵庫県生まれ。東京外国語大学名誉教授。学問論、思想史専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)