• 本

海女の島 舳倉島

新版

転換期を読む 21

出版社名 未來社
出版年月 2013年9月
ISBNコード 978-4-624-93441-5
4-624-93441-5
税込価格 1,944円
頁数・縦 163P 図版32P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

商品内容

要旨

日本の文化に深い関心を寄せたイタリアの人類学者フォスコ・マライーニ。1950年代に記録映画撮影のため日本各地を訪れた著者にとって、舳倉島の人びとの生活は「詩的」であり「偽善とタブー」から解放してくれるものだった。

目次

腕、頭、脚、包み、子ども、袋、お尻、靴などの大洪水
“ヒツジ雲”の空は、“ウロコ雲”の空
海の子、海女
ほんものの海女を探し求めて
うさん臭さを、見て見ないふり
黒く険阻で、不気味な七つ島
土地を耕すですって?なんて恥ずかしいことだろう!
岩の筏に乗ってる人間と神様
灰色の石ころ道
“島の王さま”の家で
タイが海士、海女の心をやらわげる
イロリのそばに坐って
海底で、海女たちと
わずかな撮影にたいした苦労
一握りの土で、深淵を満たす
大鍋での入浴
ミコシは神さまのおぼしめしで踊る
死者たちは海へ帰る
美人、妙子の岩礁、御厨島
儀礼的なあいさつと心からのあいさつ

著者紹介

マライーニ,フォスコ (マライーニ,フォスコ)   Maraini,Fosco
1912年イタリア・フィレンツェ生まれ。写真家、登山家、人類学者、東洋学者。2004年逝去。1930年代後半に日本に留学。北海道大学医学部に所属し、アイヌの信仰やイクパスイについて研究した。1946年イタリアに帰国、1953年再来日、日本各地をまわり記録映画を撮影した。京都帝国大学(現京都大学)でイタリア語を、フィレンツェ大学では日本文学を教えた。1987年〜88年、国際日本文化研究センター客員教授。1986年に国際交流基金賞受賞
牧野 文子 (マキノ フミコ)  
1904年大阪市生まれ。神戸女学院卒業。「東京時事新報」記者を経て詩人として活動、翻訳なども手がける。1984年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)