• 本

日記で読む日本史 1

日本人にとって日記とは何か

出版社名 臨川書店
出版年月 2016年7月
ISBNコード 978-4-653-04341-6
4-653-04341-8
税込価格 3,080円
頁数・縦 274P 20cm
シリーズ名 日記で読む日本史

商品内容

要旨

天皇以下の皇族、公卿以下の官人をはじめ、武家、僧侶、神官、学者、文人から庶民に至るまで―なぜ、日本ではさまざまな人々によって日記が残され、読まれてきたのか?古代から中世・近世・近代の歴史、日記と物語・和歌といった文学作品との比較、はたまた日記の言語学、さらには、近代教育における日記や心理学からみた日記など。第一線の研究者たちが、日記文化の豊饒な世界にいざなうシリーズ第1巻!

目次

第1部 日記と歴史(日記が語る古代史
日記が語る中世史―女房と日記
日記が語る近世史―近世公家日記の記述から
幕末の遣外使節日記
日記が語る近代史)
第2部 日記と文学・言語(日記から『源氏物語』へ・『源氏物語』から日記へ―『紫式部日記』・『とはずがたり』における「われ」の構築
日記と和歌『中務内侍日記』を例に
日記文学と言語学―前期王朝時代を中心に)
第3部 日記を書くことと読むこと(日記と教育)

著者紹介

倉本 一宏 (クラモト カズヒロ)  
1958年三重県生。東京大学大学院人文科学研究科国史学専門課程博士課程単位修得退学、博士(文学)。国際日本文化研究センター教授。日本古代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)