• 本

平安前期対外姿勢の研究

出版社名 臨川書店
出版年月 2019年2月
ISBNコード 978-4-653-04412-3
4-653-04412-0
税込価格 7,150円
頁数・縦 265,13P 22cm

商品内容

目次

序章 平安前期対外姿勢をめぐる研究の現状と本論文の視角
第1部 外交文書・儀礼から見た対外姿勢(国書・儀式書から見た平安前期の渤海観
対渤海外交における太政官牒の成立―中台省牒との相違から
外国使節の朝賀・節会への参加)
第2部 外交に関わる儀礼の展開(遣唐使の出発・帰国時の儀式―拝朝・節刀・餞の検討
外国使節入京儀礼について―郊労儀の再検討)
第3部 平安前期における洞風化政策の実態(節会における列立法―延喜式部式元正行列次第条・同節会行列条の検討から
平安時代の服御・常膳の減省について)
終章 平安前期の対外姿勢と唐風化政策

著者紹介

堀井 佳代子 (ホリイ カヨコ)  
1981年、京都府に生まれる。2012年、同志社大学文学研究科博士課程退学。現在、同志社大学嘱託講師、国際日本文化研究センター技術補佐員。博士(文化史学、同志社大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)