• 本

清末中国の技術政策思想 西洋軍事技術の受容と変遷

出版社名 臨川書店
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-653-04437-6
4-653-04437-6
税込価格 4,950円
頁数・縦 190P 21cm

商品内容

目次

第1章 軍事改革と技術輸入政策(1860〜1875)(軍事改革が行われた歴史的な背景
清国軍隊の洋式訓練
西洋の砲・艦の輸入と国産化政策の実行)
第2章 清国の海防戦略の転換と実行(1875〜1880)(第一次海防討論が行われた背景
第一次海防討論の主な内容
李鴻章の海防戦略構想の形成
李鴻章の海防戦略の実行)
第3章 西洋軍事技術の移植政策(1875〜1894)(西洋軍事技術の導入
西洋の銃砲の国内生産
兵器の標準化の問題)
第4章 北洋海防体制の構築(1880〜1894)(1880年段階での清国の外交・軍事における課題
李鴻章の防衛戦略の展開
陸・海軍の建設
北洋における要塞砲台の建設
1880年から1894年にかけての日本の軍備)

著者紹介

宝 鎖 (ホウ サ)  
1971年中国内モンゴル生まれ。2014年東京大学大学院総合文化研究科で博士号取得。専攻は科学技術史、科学技術政策、技術哲学。中国内モンゴル師範大学講師、倉敷芸術科学大学研究員を経て現在上海交通大学出版社編集者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)