• 本

天国の扉をたたくとき 穏やかな最期のためにわたしたちができること

亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ 2−10

出版社名 亜紀書房
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-7505-1440-6
4-7505-1440-3
税込価格 2,808円
頁数・縦 428P 20cm

商品内容

要旨

「若き父の命を救ってくれた医療が、なぜ最後には、父を苦しめることになったのか?」脳梗塞の後遺症と認知症に苦しむ父を看取った家族が直面したのは、アメリカの過剰医療と看取りの残酷な現実だった…。全米で話題沸騰、ジャーナリストの実の娘が綴るノンフィクション作品。

目次

第1部 脳梗塞
第2章 ファストメディスン
第3部 試練
第4部 抵抗
第5部 受容
第6部 恩篭
第7部 光の中へ―穏やかな最期のために

著者紹介

バトラー,ケイティ (バトラー,ケイティ)   Butler,Katy
米国人ジャーナリスト、エッセイストで、仏教徒。1949年、南アフリカ共和国生まれ。「サンフランシスコ・クロニクル」紙の記者を12年務めたのち、フリーに転身、「ニューヨーカー」誌、「マザージョーンズ」誌、「ヴォーグ」誌、「ニューヨークタイムズ」紙、「ロサンゼルスタイムズ」紙など、数多くの紙誌に寄稿し、医療や介護、信仰、ベビーブーマーの生き方など、幅広いテーマで記事を執筆してきた。エッセイ“What Broke My Father’s Heart(父の心を傷つけたもの)”は、回顧録と調査報道を組み合わせた秀作と評価され、米国科学著述者協会の2011年度「社会における科学」賞、医療ジャーナリスト協会の2010年度優秀医療ジャーナリズム賞を受賞した
布施 由紀子 (フセ ユキコ)  
翻訳家。大阪外国語大学英語学科卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)