• 本

きょうのごはんは“マンガ飯” つくって楽しい、おいしいレシピ

出版社名 旭屋出版
出版年月 2016年8月
ISBNコード 978-4-7511-1222-9
4-7511-1222-8
税込価格 1,080円
頁数・縦 127P 21cm

商品内容

要旨

あの人気マンガに出てくる料理が絶品レシピに!

目次

1 女子たちの手料理 愛情たっぷりマンガ飯(おいなりさんと野菜のお重『3月のライオン』羽海野チカ
焼き魚と野菜料理の夜ごはん『姉の結婚』西炯子 ほか)
2 イケてます!簡単おいしい マンガ飯の男子ごはん(ミレリーゲ・アラ・パンナ・コン・イ・ブロッコリ『のだめカンタービレ』二ノ宮知子
卵とトマトの炒めもの『ハヤテのごとく!』畑健二郎 ほか)
3 気分で選ぶ?マンガで選ぶ?きょうの「カレー」は、どのマンガ飯?(燃えれ(モエレ)・荒磯カレー『チャンネルはそのまま!』佐々木倫子
簡単☆キーマカレーの献立『ReReハロ』南塔子 ほか)
4 作って、食べて、盛り上がる!きょう、みんなでマンガ飯Party(「ドラやき食堂」のドラバーガー『ドラえもん』藤子・F・不二雄
焼き飯『乙嫁語り』森薫 ほか)
5 お手軽から本格派まで きょうのおやつは、マンガスイーツ(ロクちゃんドーナツ『潔く柔く』いくえみ綾
ハート型のケークサレ『俺物語!!』作画:アルコ、原作:河原和音 ほか)

著者紹介

増淵 敏之 (マスブチ トシユキ)  
法政大学大学院政策創造研究科教授、コンテンツツーリズム学会会長、文化経済学会“日本”理事長などを務める。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)、専門は文化地理学、経済地理学
wato (WATO)  
管理栄養士、フードコーディネーター、イラストレーター。岩手県出身。大卒業後、総合病院での栄養指導、スープ専門店のメニュー開発などを経て独立。雑誌、webを中心にレシピ開発やフードスタイリングを手掛けるほか、「wato kitchen」の名前でイベントやパーティーのケータリングも行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)