• 本

プロベーカーが選ぶこれからの製パン法 さらに美味しく、もっと省力化、より計画的に

出版社名 旭屋出版
出版年月 2021年1月
ISBNコード 978-4-7511-1435-3
4-7511-1435-2
税込価格 3,080円
頁数・縦 128P 26cm

商品内容

目次

第1部 製パン原材料(小麦粉
パン酵母(イースト)
製パン改良剤(イーストフード) ほか)
第2部 製パン工程(原材料の選択
原材料の計量
ミキシング(混捏) ほか)
第3部 製パンの基本と応用(基本のパン
プロ必須のアイテムとその製法
店の技術力が示せるドイツパン)

著者紹介

竹谷 光司 (タケヤ コウジ)  
1948年北海道生まれ。北海道大学を卒業後、山崎製パン入社。ハリー・フロインドリーブ氏の紹介で3年間旧西ドイツ(現ドイツ)でパンの研修を受ける。1974年に帰国と同時に日清製粉に入社。日本製パン技術研究所(JIB)、アメリカ製パン技術研究所(AIB)を経て1986年、日本の若手リテイルベーカリー有志とベーカリーフォーラムを立ち上げ、今日のベーカリー発展の礎を築く。その後ミックス粉、小麦、小麦粉、製粉、食品の基礎研究に携わり2007年、製粉協会・製粉研究所へ出向、全国の育種家の知己を得る。2010年、千葉県佐倉市に「美味しいパンの研究工房・つむぎ」開店(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)