• 本

グスタフ・クリムトの世界 女たちの黄金迷宮

出版社名 パイインターナショナル
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-7562-5041-4
4-7562-5041-6
税込価格 3,456円
頁数・縦 386P 26cm

商品内容

要旨

装飾に包まれゆらめく“黄金”と“闇”の女たち。世紀末ウィーンの迷宮を自由に突き進む、クリムトの世界。“黄金時代”の作品、大作の天井画・壁画、初期作品、女性の肖像画、風景画、デッサンまでクリムトの作品約230点を収録。クリムトの自由な表現スタイルにより誕生したウィーン分離派・ウィーン工房の作品を約200点紹介。

目次

グスタフ・クリムト 黄金迷宮の狩人
第1章 世紀末ウィーン夢紀行
第2章 クリムトの絵画世界黄金の女たちの陰に(黄金と闇の女たち
クリムトの天井画と壁画
初期のクリムト分離派まで
クリムトをめぐる女性の星座
クリムトの風景画―時よ止まれ ほか)
第3章 クリムトをめぐる人々ウィーン分離派とウィーン工房(ウィーン工房の仕事1 建築、家具、舞台
ウィーン工房の仕事2 ガラス、陶器、金工
ウィーン工房の仕事3 ジュエリー
ウィーン工房の仕事4 ファッション
ウィーン工房の仕事5 グラフィック(ポスター、本、ポストカード) ほか)

著者紹介

海野 弘 (ウンノ ヒロシ)  
1939年東京生まれ。評論家、作家。早稲田大学ロシア文学科卒業。平凡社に勤務。『太陽』編集長を経て、独立。美術、都市論、文学、映画、音楽、ファッションなど幅広い分野で執筆を行う。著作多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)