• 本

あたりまえだけどなかなかできない60歳からのルール

出版社名 明日香出版社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-7569-1946-5
4-7569-1946-4
税込価格 1,512円
頁数・縦 206P 19cm

商品内容

要旨

人生100年時代に定年は単なる区切りだ。後悔なく、やり切る人生を選ぼう。夢、仕事、遊び。いくつになっても男は持ち続けるもの。

目次

1章 やりたいことだけする生き方
2章 サラリーマン生活からの卒業と新生活の工夫
3章 「働く」を楽しむ
4章 今だからできる挑戦
5章 好かれるオッサンになる
6章 一生持てる学びと遊び
7章 「老い」とのつき合い方
8章 家族と社会に遺すもの

おすすめコメント

定年後も働くのも人生、リタイアーするのももちろん人生。ではあるが、やはり働くと充実度が増す。60代は新たな人生選択のとき。これからどう生きよう、と思う50代後半〜60代に向けて人生のアニキが等身大で語りかける。

著者紹介

古川 裕倫 (フルカワ ヒロノリ)  
1954年生まれ。早稲田大学商学部卒業後、三井物産に23年間勤務。その間、ロサンゼルス、ニューヨークに通算10年駐在。2000年から07年までホリプロ取締役を務める。一般社団法人彩志義塾代表理事、情報技術開発株式会社社外取締役、企業風土改革コンサルタント。マインド研修講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)