• 本

「思っていてもなかなか言えない」が一瞬で変わる本

出版社名 明日香出版社
出版年月 2018年1月
ISBNコード 978-4-7569-1947-2
4-7569-1947-2
税込価格 1,512円
頁数・縦 221P 19cm

商品内容

要旨

「思い込み」に気づいてスッキリやんわり伝えよう!「脳」がわかれば、モヤモヤは解消できる!やんわり伝えて、上手に切り抜ける方法。

目次

第1章 「思っていてもなかなか言えない」のはなぜ?(ガマンが習慣になっている?
相手に合わせすぎている? ほか)
第2章 モヤモヤの原因は脳の習慣にあった!(人は脳そのもの!脳の理解ははずせない
モヤモヤが生じる脳の習慣 ほか)
第3章 面倒な相手にも「やんわり」伝える方法(スッキリ脳に変える3ステップを覚えよう
「プラス+指摘+プラス」のサンドイッチ法 ほか)
第4章 モヤモヤが深い家族関係を上手に解決するヒント(男性脳と女性脳の違いを理解しよう
意識を変えるポジティブ脳のつくり方 ほか)
第5章 今日から「モヤモヤ脳」を変える脳育をしよう!(自分らしい生活を送るために必須のもの
ストレスに強い脳をつくろう ほか)

おすすめコメント

「それはおかしいでしょ」「私はこう思うんだけどなぁ」「もっとこうした方がいいのでは」といった意見(言いたいこと)はあっても立場上言えないまま「モヤモヤ」している人は多いもの。こうした人に向けて、モヤモヤした感情を開放し、やんわりと上手に伝える方法を解説します。

著者紹介

新田 祥子 (ニッタ ショウコ)  
エグゼクティブ・コミュニケーションカウンセラー。大学院修士人間科学修了。東京認知行動療法アカデミー研修上級修了。一般社団法人SAD社交不安障害対策協会理事長。話し方教室セルフコンフィデンス主宰。1950年生まれ。大学卒業後、編集者兼フリーランスライターとしてリクルート社で活躍。2004年6月「あがり症の克服」と「論理的な話し方」に特化した、日本で初めての話し方教室「セルフコンフィデンス」を開設。あがり症は話し方の問題ではなく「脳」の機能の問題であることや、場数や慣れでは克服できないことを提唱(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)