• 本

食品添加物はなぜ嫌われるのか 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

DOJIN選書 83

出版社名 化学同人
出版年月 2020年6月
ISBNコード 978-4-7598-1683-9
4-7598-1683-6
税込価格 2,090円
頁数・縦 252P 19cm

商品内容

要旨

巷にあふれる食をめぐるさまざまな情報。○○は身体によいらしい、ダイエットには△△を摂るとよい、××には発がん性がある…。信頼に足る情報はどう見極めたらよいのか。さらに、グローバル化が進展する世界で、食の安全をめぐる問題も、自国だけの問題に留まらなくなっている。「すべての人に適切な情報を」届けるべく、世界の食品安全情報をサーベイし発信し続ける著者が、近年話題になったさまざまな問題を取り上げ、印象やイメージに惑わされることなく、科学的知見に基づいて適切に判断するためのポイントをわかりやすく解説する。

目次

第1章 終わらない食品添加物論争
第2章 気にすべきはどちらか―減塩と超加工食品
第3章 オーガニックの罠
第4章 新しい北欧食に学ぶ
第5章 国際基準との軋轢
第6章 食品表示と食品偽装
第7章 プロバイオティクスの栄枯盛衰
第8章 食品安全はみんなの仕事―すべての人に適切な情報を

おすすめコメント

食の安全情報はどのように捉えればよいのだろう.食品添加物は忌避すべきものなのか,オーガニック食品は無条件に受け入れても問題ないものなのか.グローバル化が進展する世界で,食の安全をめぐる問題も,もはや自国だけの問題に留まらなくなってきた.「すべての人に適切な情報を」届けるべく,世界の食品安全情報をサーベイし発信し続ける著者が,近年話題になったさまざまな問題を取り上げ,印象やイメージに惑わされることなく,科学的知見に基づいて適切に判断するためのポイントをわかりやすく解説する.

著者紹介

畝山 智香子 (ウネヤマ チカコ)  
宮城県生まれ。東北大学大学院薬学研究科博士課程前期2年の課程を修了。薬学博士。現在、国立医薬品食品衛生研究所安全情報部長。専門は薬理学、生化学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)