• 本

生命の歴史は繰り返すのか? 進化の偶然と必然のナゾに実験で挑む

出版社名 化学同人
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-7598-2007-2
4-7598-2007-8
税込価格 3,024円
頁数・縦 382P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ヒトを含め、いま存在する動植物は、必然的に生まれたのか、それともたまたま運良く進化しただけなのか?地球の生命史における最大のミステリーを実験で解決しようと奮闘する研究者たちによって、グッピーやショウジョウバエ、細菌、シカネズミ、そして著者自身のアノールトカゲの実験を通して、生命テープのリプレイがおこなわれた。はたして、進化生物学における最新のブレイクスルーで、科学界屈指の大論争は解決できるのか。

目次

グッド・ダイナソー
第1部 自然界のドッペルゲンガー(進化のデジャヴ
繰り返される適応放散
進化の特異点)
第2部 野生下での実験(進化は意外と速く起こる
色とりどりのトリニダード
島に取り残されたトカゲ
堆肥から先端科学へ
プールと砂場で進化を追う)
第3部 顕微鏡下の進化(生命テープをリプレイする
フラスコの中のブレイクスルー
ちょっとした変更と酔っぱらったショウジョウバエ
ヒトという環境、ヒトがつくる環境)
運命と偶然:ヒトの誕生は不可避だったのか?

おすすめコメント

トカゲやグッピー,ショウジョウバエや微生物を登場させながら,実験によって目に見えるかたちで進化する様子を,研究者の奮闘ぶりを交えて明快に示していく。動植物や,わたしたちヒトはどのように進化してきたか。いまなお続く科学界屈指のこの大論争について,爽快に切り込む。

著者紹介

ロソス,ジョナサン・B. (ロソス,ジョナサンB.)   Losos,Jonathan B.
生物学者。ハーバード大学教授、ハーバード比較動物学博物館両生爬虫類学部門主任を経て、現在セントルイス・ワシントン大学教授。『ネイチャー』『サイエンス』などトップジャーナルに多数論文を掲載。自身の研究についての『ニューヨーク・タイムズ』での連載も人気を博す。編著『The Princeton Guide to Evolution』で編集主幹を務め、ナショナル・ジオグラフィック協会研究探検委員会にも名を連ねる
的場 知之 (マトバ トモユキ)  
翻訳家。1985年大阪府生まれ。東京大学教養学部卒業。同大学院総合文化研究科修士課程修了、同博士課程中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)