• 本

ホルモン全史 魅惑の生体物質をめぐる光と影

出版社名 化学同人
出版年月 2022年8月
ISBNコード 978-4-7598-2083-6
4-7598-2083-3
税込価格 2,860円
頁数・縦 349P 19cm

商品内容

要旨

若返り、ジェンダー、愛情…欲望を支配するホルモンの謎を追い求めた研究者たちの苦悩と栄光。

目次

太った花嫁
ホルモン誕生
脳の瓶詰め
殺人鬼ホルモン
男らしくなる秘密の方法!?
ホルモンで結ばれたふたり
ジェンダーを作り出す
成長させるために
測れないものを測る
強くなり続ける痛み
頭がかっかする:更年期の謎
テストロテン研究の創始者
オキシトシン:これぞ愛の感覚
性転換
飽くなき欲求:視床下部と肥満

出版社・メーカーコメント

人体を健康に機能させるために人体自らがつくりだす物質「ホルモン」に関するノンフィクション.前半は,ホルモンの存在や機能がわかるまでの科学史(ミステリー).後半は,最近の話題も交えて,特に注目に値するホルモンの働きや最新研究を解説.

著者紹介

エプスタイン,ランディ・ハッター (エプスタイン,ランディハッター)   Epstein,Randi Hutter
医師、作家、ジャーナリストであり、ニューヨーク・タイムズ紙やワシントン・ポスト紙などに寄稿している。イェール大学の講師、同大学医学部のライターを務め、またコロンビア大学ジャーナリズム大学院の非常勤教授でもある
坪井 貴司 (ツボイ タカシ)  
東京大学大学院総合文化研究科教授。2001年浜松医科大学大学院医学系研究科生理系専攻博士課程修了。現職に至る。博士(医学)。専門は、分泌生理学、内分泌学、神経科学。基礎・応用の両面から、腸内細菌がどのように腸管のホルモン分泌機能を調節し、摂食や認知機能を制御するのか研究している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)