• 本

社会契約論がなぜ大事か知っていますか

出版社名 柏書房
出版年月 2011年6月
ISBNコード 978-4-7601-3979-8
4-7601-3979-6
税込価格 3,080円
頁数・縦 257P 20cm

商品内容

要旨

国民であることはどういうことか?国民国家とは何なのか?憲法の本当の意味とは?その答えはジョン・ロックまで遡る必要がある。国民の権利をもう一度考えるために―。

目次

第1章 なぜいま、社会契約論なのか(オバマ大統領の強さと弱さを問う
菅直人首相の「国会内閣制」論の問題を探る
「イラク訴訟:名古屋高裁判決に社会契約論の活用を見る)
第2章 社会契約理論の創造現場に立ち会う(ロックの生涯とその時代
医学研究と三冊の代表作
『統治論』が取り組んだ課題を把握する)
第3章 社会契約を使いこなす技術を習得する(「ロック史観」で絶対王政擁護論の矛盾を解明する
「社会契約をする」とは何を行うことなのか)
第4章 社会契約論の実践を検証する(『統治論』を実践論として理解する
社会契約の実践としての名誉革命)
附論 社会契約論小史(「ホッブズ問題」とロックにおける社会契約と蓋然性論
スミスにおける社会契約論の進化
マルクス(1)―工場法と普通選挙権
マルクス(2)―コミュニズムにおける社会契約論の止揚の試み
二〇世紀―ラスキとパーソンズ)

著者紹介

伊藤 宏之 (イトウ ヒロユキ)  
1945年、愛知県生まれ。現在、福島大学特任教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)