• 本

江戸のなかの日本、日本のなかの江戸 価値観・アイデンティティ・平等の視点から

出版社名 柏書房
出版年月 2016年12月
ISBNコード 978-4-7601-4759-5
4-7601-4759-4
税込価格 5,280円
頁数・縦 415P 22cm

商品内容

要旨

名誉、兄弟喧嘩、悪ガキ、国学者、琉球・沖縄、春画、エロス、聖人、『学問ノスゝメ』、賎民、國體、国民国家、ナショナリズム…多種多様な視点から18・19世紀の日本を改めて捉え直す。

目次

十八世紀と十九世紀の価値観・アイデンティティ・平等について
第1部 実践の中の価値観(トビウオが跳ねるのを待ちながら―江戸の人々が実践した価値観と個性を再訪する
賢兄愚弟―平田派に見る兄弟間の競争
悪ガキであること―江戸時代の子供たちの反抗の倫理)
第2部 アイデンティティの構築(近世における個性と集団的アイデンティティの同時発生
ある平田派国学者の再生―鶴舎有節と『加賀鍋』日誌
新たな文化、新たなアイデンティティ―十九世紀に沖縄人・日本人になるということ)
第3部 エロスの情緒性とパロディ(エロスの情緒性を求めて江戸へ
「性」と「聖」とを繋ぐ笑い―パロディ繚乱の江戸文化)
第4部 平等と近代性(近代日本の奔放なる起源―万亭応賀と福澤諭吉
花盛りの物語―大江卓、神戸、そして明治「奴隷解放」の背景
関係的同一性から種的同一性へ―平等と國體(ナショナリティ)について)

著者紹介

ノスコ,ピーター (ノスコ,ピーター)   Nosco,Peter
ブリティッシュ・コロンビア大学教授。専攻は日本思想史。1950年生
ケテラー,ジェームス・E. (ケテラー,ジェームスE.)   Ketelaar,James E.
シカゴ大学教授。専攻は宗教史、思想史、文化史。1957年生
小島 康敬 (コジマ ヤスノリ)  
国際基督教大学特任教授。専攻は日本思想史。1949年生
大野 ロベルト (オオノ ロベルト)  
日本社会事業大学専任講師。専攻は日本古典文学、比較文化。1983年生(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)