• 本

脳の働きをまもるウォーキングのすすめ

出版社名 杏林書院
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-7644-1594-2
4-7644-1594-1
税込価格 1,650円
頁数・縦 113P 21cm

商品内容

目次

1 歩ければ楽しく余生が送れる
2 なぜ、ウォーキングをすすめるのか?
3 転倒、そして、骨折を防ぐ仕組み
4 筋肉を見直す
5 2本のポールを持ってのノルディック・ウォーク
6 高齢者が陥る脳の不具合
7 浅いプールの中で歩く:水中ウォーキング
8 複雑化した社会に適応できない
9 ウォーキングは、がんの進行を抑えられるのか?
10 多様に実施されているウォーキングと問題点
11 魅力あるウォーキング・ルートを設定する

著者紹介

宮下 充正 (ミヤシタ ミツマサ)  
1936年生まれ。東京大学大学院修了。教育学博士。東京家政学院大学、名古屋大学、東京大学、東洋英和女学院大学、放送大学で勤務の後、東京大学名誉教授、首都医校校長。その間、東京大学教育学部長、日本学術会議15,16期会員、American College of Sports Medicineフェロー、International Society of Biomechanics名誉会員などを務める。教育・研究活動の他、(公財)日本水泳連盟理事・医科学委員長(現参与)、(公社)日本フィットネス協会会長(現顧問)、(一社)日本市民スポーツ連盟会長(現名誉会長)、(一社)日本ウオーキング協会元会長、(一社)全日本ノルディック・ウォーク連盟会長など、ボランティア活動に従事してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)