• 本

触れ、語れ 浮世絵をめぐる知的冒険

慶應義塾大学教養研究センター選書 9

出版社名 慶應義塾大学教養研究センター
出版年月 2011年5月
ISBNコード 978-4-7664-1836-1
4-7664-1836-0
税込価格 770円
頁数・縦 108P 19cm

商品内容

目次

はじめに―紙上ワークショップをはじめます
第1章 知る―浮世絵に親しむ(保永堂版『東海道五拾三次』の歴史的位置を知るために
江戸時代の人と視界を共有するために)
第2章 見る―浮世絵の中に何を見るか(言葉で表現する「神奈川沖浪裏」
音楽で表現する「神奈川沖浪裏」)
第3章 語る―目を閉じて浮世絵を見よう(浮世絵を言葉と触覚で表現するワークショップ―モダリティと言葉を駆使した知覚世界の再発見
「箱根湖水図」を見る紙上ワークショップ)
第4章 みんなの「箱根湖水図」(参加者が作った触図「箱根湖水図」―ワークショップと展示から
「箱根湖水図」を語る)

出版社・メーカーコメント

慶應義塾大学が所有する数々の浮世絵コレクションを通じて、江戸時代の出版文化を知る。 また、視覚障害者のための触図を作る試みから、新たな表現力や想像力を養う方法を模索する。