• 本

英国ゴシック小説の系譜 『フランケンシュタイン』からワイルドまで

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2013年4月
ISBNコード 978-4-7664-2021-0
4-7664-2021-7
税込価格 2,200円
頁数・縦 140,3P 20cm

商品内容

要旨

「ゴシック小説」は、18世紀末から19世紀にかけて英国で興隆した。本書では、主に19世紀英国の「ゴシック小説」を取り上げ、「怪物」、「旅」、「写真」、「博物館」、「自己像」という視点から読み解き、その成り立ちと物語構造を明らかにする。『ケイレブ・ウィリアムズ』、『フランケンシュタイン』、『ドリアン・グレイの肖像』―。怪奇と驚異に満ちた「英国ゴシック小説」の入門編。

目次

第1部 ゴシック小説の物語構造(旅と秘密―『ケイレブ・ウィリアムズ』と『フランケンシュタイン』
ユートピアと怪物―ありえない場所とありえないモノ)
第2部 『ドリアン・グレイの肖像』を読む(視線と二つの肖像―ゴシック的自己像の誕生
博物館と写真の時代)

著者紹介

坂本 光 (サカモト ヒカル)  
1961年生まれ。1991年慶應義塾大学大学院文学研究科英米文学専攻博士課程単位取得退学。慶應義塾大学文学部教授。専門は19〜20世紀の非イングランド系英文学、特にゴシック小説(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)