• 本

キリスト教哲学入門 聖トマス・アクィナスをめぐって

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2014年7月
ISBNコード 978-4-7664-2152-1
4-7664-2152-3
税込価格 3,300円
頁数・縦 232P 20cm

商品内容

要旨

神なしには何も存在しない。そしてまた、何ものも神ではない。「神は存在そのものである」という驚くべき真理が、聖トマスをめぐる思索の上に明らかにされる。中世思想の新古典。

目次

第1章 信仰のなかの哲学
第2章 存在の原因
第3章 ありてある者
第4章 本質を超えて
第5章 存在論を超えて
第6章 根本的真理
第7章 中心問題
第8章 因果性と分有
第9章 存在と本質
第10章 存在、現実態、目的

著者紹介

ジルソン,エティエンヌ (ジルソン,エティエンヌ)   Gilson,´Etienne
1884年生まれ。中世哲学研究者。リール、ストラスブールの大学で教鞭をとった後、パリ大学で中世哲学史を教える。コレージュ・ド・フランスの中世哲学史教授、カナダのトロント大学中世思想研究所の所長を歴任。1978年没
山内 志朗 (ヤマウチ シロウ)  
1957年生まれ。慶應義塾大学文学部教授。東京大学大学院博士課程単位取得退学。新潟大学人文学部教授を経て現在に至る
松本 鉄平 (マツモト テッペイ)  
1987年生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科仏文学専攻前期博士課程修了。同大学院後期博士課程、フランス・ボルドー第三大学博士課程在籍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)