• 本

大学生のための動画制作入門 言いたいことを映像で表現する技術

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2017年4月
ISBNコード 978-4-7664-2428-7
4-7664-2428-X
税込価格 1,980円
頁数・縦 158P 21cm

商品内容

要旨

制作に必要な知識がこの1冊に!テレビ局の番組作りに学ぶ!映像作品の作り方。企画から撮影、編集までを初心者向けにわかリやすく解説。

目次

1 映像はどのように作られているか―制作工程とその仕組み
2 企画のたて方―誰に、何を、どのように
3 事前取材とロケハン―撮影に入る前にやっておくこと
4 粗構成の考え方―作品の基本線はここで決まる
5 伝えたいことから考える撮影―演出面から見た手法
6 本構成を考える―作品の詳細設計図を作る
7 編集の技法―最後に絵的思考で再検討する

著者紹介

黒岩 亜純 (クロイワ アズミ)  
1968年、東京生まれ。1991年、慶應義塾大学法学部卒業後、TBS入社。長年、『筑紫哲也NEWS23』の制作に携わり、ディレクター、デスクを務める。政治部を経て、2011年「夢の扉+」チーフプロデューサー。2016年よりモスクワ支局長。1998年「ドキュメンタリー制作会アズ」を立ち上げ、映像・メディアなどの分野に人材を輩出している
宮 徹 (ミヤ トオル)  
1964年、東京生まれ。1988年、慶應義塾大学経済学部卒業。日経BP社で雑誌記者、編集プロデューサーとして勤務後、2000年に独立。現在は経済アナリスト、歴史研究家(近世〜近代の日本経済史)。独立後は本業とは別に、NPO活動の一環としてアニメーションを含む映像制作産業と深く関わり、その制作工程を客観的に捉えてテキスト化する取り組みを進めてきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)