• 本

迷わず書ける記者式文章術 プロが実践する4つのパターン

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2018年2月
ISBNコード 978-4-7664-2496-6
4-7664-2496-4
税込価格 1,512円
頁数・縦 209P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

目次

第1章 文章を書くとはどんな作業か
第2章 構想を練る
第3章 取材の方法
第4章 設計図を描く
第5章 文を書く
第6章 読みやすい文章とは
第7章 推敲する
第8章 説得力を高める
第9章 トレーニング編
終章 本質を突く文章術

おすすめコメント

元・日本経済新聞記者の松林薫氏が、大手新聞で標準的に使われているメソッドを分かりやすく説明します。

著者紹介

松林 薫 (マツバヤシ カオル)  
1973年、広島市生まれ。京都大学経済学部、同修士課程を修了し、1999年に日本経済新聞社に入社。東京と大阪の経済部で、金融・証券、年金、少子化問題、エネルギー、財界などを担当。経済解説部で「経済教室」や「やさしい経済学」の編集も手がける。2014年に退社。11月に株式会社報道イノベーション研究所を設立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)