• 本

なぜフィクションか? ごっこ遊びからバーチャルリアリティまで

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-7664-2575-8
4-7664-2575-8
税込価格 5,500円
頁数・縦 328,15P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

フランスを代表する文学理論家・美学研究者であるシェフェールが一九九九年に発表した本書は、その後のフィクション理論に多大な影響を与えた。「なぜ」フィクションかと問うことは、「なぜ」人間がフィクションに身をゆだね、喜びを感じるのか、あるいは逆に、ときには「なぜ」フィクションを忌避するのかと問うことを意味する。物語論、哲学、人類学、心理学、認知科学等の観点から、文学や映画からビデオゲームにいたるあらゆるフィクションの形式を分析し、フィクションを人類に普遍的に備わる「心的能力」としてとらえなおす。

目次

第1章 模倣なんかこわくない(模倣する狼からバーチャルの狼へ
プラトン1―「する」から「あたかも〜のようにする」へ ほか)
第2章 ミメーシス―模倣する、装う、表象する、認識する(古くからの混乱について
ミメティスム ほか)
第3章 フィクション(模倣、まやかし、偽装、フィクション
フィクションの系統発生―共有された遊戯的偽装について ほか)
第4章 いくつかのフィクション装置について(遊戯、夢想、芸術
没入の媒介と態度 ほか)

おすすめコメント

物語論から発達心理学まで、多角的なアプローチで考察し、フィクションを人類に普遍的に備わる「心的能力」として捉えようとする、フランス・フィクション論の傑作。

著者紹介

シェフェール,ジャン=マリー (シェフェール,ジャンマリー)   Schaeffer,Jean‐Marie
1952年生まれ。フランス国立科学研究センター研究ディレクター、社会科学高等研究院研究ディレクター。専門は美学、芸術理論
久保 昭博 (クボ アキヒロ)  
1973年生まれ。関西学院大学教授。東京大学大学院総合文化研究科満期退学。パリ第三大学博士課程修了、文学博士。専門は文学理論、フランス文学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)