• 本

逸脱の文化史 近代の〈女らしさ〉と〈男らしさ〉

出版社名 慶應義塾大学出版会
出版年月 2019年4月
ISBNコード 978-4-7664-2592-5
4-7664-2592-8
税込価格 2,640円
頁数・縦 223,18P 20cm

商品内容

要旨

身体の逸脱、性の逸脱、精神の逸脱、法からの逸脱、宗教からの逸脱…逸脱にはさまざまな形が存在する。規範があるから逸脱があり、規範がなければ逸脱も存在しない。逆に逸脱の多様性は、社会を規定する明示的、あるいは暗黙の規範を浮き彫りにする。近代フランスの社会は、男女の身体、情動、欲望をめぐってどのような規範を課し、逸脱はどのように表象されたのか?小説、自伝、日記、医学書、性科学の啓蒙書などの言説をつうじて読み解いていく。

目次

第1部 女たち(若い娘たちの表象―魂から身体へ
感応遺伝という神話
逸脱した女たち)
第2部 男たち(独身者の肖像
倒錯の性科学
フェティシズムの誘惑
変質論の系譜)

おすすめコメント

近代フランスの社会は、男女の身体、情動、欲望をめぐってどのような規範を課し、逸脱はどのように表象されたのか?小説、自伝、日記、医学書、性科学の啓蒙書などの言説をつうじて読み解いていく。

著者紹介

小倉 孝誠 (オグラ コウセイ)  
1956年生まれ。パリ・ソルボンヌ大学文学博士。慶應義塾大学文学部教授。専門は、近代フランスの文学と文化史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)