• 本

失語症

改訂

言語聴覚療法シリーズ 4

出版社名 建帛社
出版年月 2011年4月
ISBNコード 978-4-7679-4524-8
4-7679-4524-0
税込価格 2,860円
頁数・縦 214P 26cm
シリーズ名 失語症

商品内容

目次

第1章 失語症の歴史(失語症理解の歴史)
第2章 失語症の基礎(失語症の定義
失語と脳
失語症の言語症状
失語症候群の分類と重症度の把握
失語症の予後)
第3章 失語症の臨床(失語症のリハビリテーションの流れ
失語症の評価
失語症の治療
周囲の人々に対するアプローチ
リハビリテーション連携論)
第4章 失語症者の社会復帰(失語症者の社会復帰の現状と課題
失語症友の会活動)

出版社・メーカーコメント

言語聴覚士になるための基礎から評価・訓練までの広い範囲の知識をまんべんなく学習する入門テキスト。 国家試験出題基準のキーワードを網羅し、必要な専門知識と臨床の実践のノウハウをわかりやすく解説する。 初版刊行以来10年間に変化した言語聴覚士を取り巻く環境,新たな検査や訓練法などの開発などに対応し,内容を改めた改訂版。

著者紹介

石川 裕治 (イシカワ ユウジ)  
高知リハビリテーション学院(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)