• 本

野垂れ死に ある講談社・雑誌編集者の回想

出版社名 現代書館
出版年月 2020年4月
ISBNコード 978-4-7684-5878-5
4-7684-5878-5
税込価格 1,870円
頁数・縦 263P 19cm

商品内容

要旨

おもしろうてやがて哀しき編集者。初めて書かれた、大手出版社への挽歌。

目次

プロローグ 引っ込み思案だった高校時代とバーテンダー稼業
第1章 講談社の黄金時代
第2章 フライデー編集長「平時に乱を起こす」
第3章 週刊現代編集長「スクープのためなら塀の内側に落ちても」
第4章 ばら撒かれた怪文書と右翼の街宣、そして左遷
第5章 もしも、もう一度逢えるなら
エピローグ 愛すべき名物記者たちへの挽歌

著者紹介

元木 昌彦 (モトキ マサヒコ)  
1945年新潟県生まれ。早稲田大学商学部卒。1970年講談社入社。「月刊現代」、「週刊現代」、「婦人倶楽部」を経て、1990年「FRIDAY」編集長。1992年から1997年まで「週刊現代」編集長・第一編集局長、1999年オンラインマガジン「Web現代」創刊編集長。2006年講談社を退社し、2007年「オーマイニュース日本版」編集長・代表取締役を経て、現在は出版プロデューサー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)