• 本

シモーヌ 雑誌感覚で読めるフェミニズム入門ブック VOL.1

特集:シモーヌ・ド・ボーヴォワール

出版社名 現代書館
出版年月 2019年11月
ISBNコード 978-4-7684-9101-0
4-7684-9101-4
税込価格 1,430円
頁数・縦 129P 21cm

商品内容

要旨

「女であること」:70年後の“第二の性”“人は女に生まれるのではない、女になるのだ”から、もう一歩踏み出そう。

目次

特集 シモーヌ・ド・ボーヴォワール「女であること」:70年後の“第二の性”(木村信子―シモーヌ・ド・ボーヴォワール『第二の性』
棚沢直子―『第二の性』から七〇年後、日本から問う新たな女性思想
佐野泰之―哲学的問題を生きるということ―ボーヴォワールの小説作品の魅力
中村彩―「育ちの良い娘」はどうやって知識人になったのか―ボーヴォワール『娘時代』と女性解放
藤高和輝―「なる」ものとしてのジェンダー)
エッセイ(斎藤美奈子―「冬の時代」に関するちょっとしたお話
北村紗衣―シモーヌのBB、スタイネムのマリリン―フェミニストが愛したセックスシンボルたち
鈴木みのり―好きなリップを塗る自由―ハロプロの新しい魅力を模索するアイドルたち
福田和香子―乾いた喉、土砂降りの夜。
上間常正―ファッションとジェンダー、フェミニズム
山下恒夫―「かわいい」と「怖い」
小林美香―身体の見方を学ぶために
玖保樹鈴―裸のかかとを踏み鳴らし、彼女は今日も声をあげる 女優・石川優美のこと
なとせ―0727その後
想田和弘―夫婦別姓訴訟の原告になる
新行内美和―魔女たちのスープ)
コラム・寄稿
連載