• 本

乗馬の歴史 起源と馬術論の変遷

出版社名 恒星社厚生閣
出版年月 2005年6月
ISBNコード 978-4-7699-1020-6
4-7699-1020-7
税込価格 4,644円
頁数・縦 474P 22cm

商品内容

要旨

人類がはじめて馬に跨った日から今日までの馬との関係史。

目次

第1部 起源‐先史時代(馬と人間
馬について
乗馬の進化 ほか)
第2部 古代から中世へ(古代アジア
古典古代あるいはギリシア‐ローマ
中世)
第3部 ルネサンス、近世から今日まで(ルネサンス16世紀
アカデミック馬術の誕生
スペインの馬 ほか)

目録情報

馬具改良の歴史、調教法の発達史、戦争での活用法変遷、スポーツ馬術確立までの歴史を俯瞰。(スポーツ・健康科学書総目録2017年版)

著者紹介

吉川 晶造 (ヨシカワ ショウゾウ)  
1930年大阪生まれ。1943年初乗り。1947年関西大学予科入学、馬術部に入部。1964年フランス政府給費技術留学生として経営・管理高等研究所等で履修。その際、パリ近郊の乗馬クラブに入会。帰国後、住友商事(株)大阪本社から東京本社に転勤、馬術部に入部。1970年サイゴンに駐在、同地乗馬クラブで騎乗。エクウス・ライディング・ファーム会員
鎌田 博夫 (カマタ ヒロオ)  
1924年東京生まれ。大阪外国語学校フランス語部・京都大学文学部文学科(フランス文学専攻)卒業。1952年大阪市立大学文学部専任講師。1988年東北大学文学部教授退官。同大学名誉教授。フランス共和国パルム・アカデミック勲章(シュヴァリエおよびオフィシェ)受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)