• 本

職人集団の歴史地理 出稼ぎ鍛冶の地域的展開

出版社名 古今書院
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-7722-4221-9
4-7722-4221-X
税込価格 13,200円
頁数・縦 583P 22cm

商品内容

目次

第1部 研究史(辞典の記述を通してみた日本における鍛冶に関する研究の蓄積
日本における鋳物師と鍛冶に関する研究の進展
アイルランドにおける鍛冶と鋤の研究史)
第2部 東海地方における大野鍛冶の地域的展開(三河と尾張における鍛冶集団
大野鍛冶と「江州辻村」の鋳物師と鍛冶
19世紀以降の大野村とその周辺地域における鍛冶
東春日井郡における大野鍛冶の地域的展開)
第3部 近畿地方における紀州鍛冶の地域的展開(『農具便利論』の「農具鍛冶」と「其処の鍛冶」
京都府における野鍛冶の地域的構成
船井郡における紀州鍛冶
京都府の山城における紀州鍛冶
奈良県における紀州鍛冶)
第4部 紀州鍛冶の集団構造と輩出地域の構成(文政期以降の南部川流域における紀州鍛冶
安政期の山城とその周辺における紀州鍛冶の分布
紀州鍛冶に関わる受容地域の構成
田辺領における鍛冶仲間と「出張稼」
田辺領における本役鍛冶の稼ぎ場地域
新宮領における野鍛冶と紀州鍛冶)

著者紹介

河島 一仁 (カワシマ カズヒト)  
1955年11月大阪府堺市生まれ。1984年3月立命館大学大学院文学研究科博士課程後期課程中退。立命館大学文学部助手、立命館大学文学部助教授を経て、立命館大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)