• 本

古本屋の四季

出版社名 皓星社
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-7744-0725-8
4-7744-0725-9
税込価格 1,980円
頁数・縦 276P 19cm

商品内容

要旨

定年ののち、古書片岡を開いて10年。番台から眺めてきた、本と人と心の光景。

目次

屋号を決めかねて―青木正美著『古本屋四十年』
「古書片岡」に決定―角田光代著『さがしもの』
「古書片岡」が開店―阿刀田高著『チェーホフを楽しむために』
古書籍組合の内幕―沢木耕太郎著『バーボン・ストリート』
ようこそ「古書片岡」へ―坂本幸四郎著『雪と炎のうた』
同業仲間の店―池澤夏樹著『静かな大地』
顧客列伝―中野三敏著『本道樂』
初見の本たちとの出会い―松岡進著『瀬戸内海水軍史』
営業時間―山口昌子著『シャネルの真実』
顧客列伝2―平野長靖著『尾瀬に死す』〔ほか〕

著者紹介

片岡 喜彦 (カタオカ ヨシヒコ)  
1947年生。大阪市出身。労働者運動の専従職を35年間勤める。定年退職後、古本屋「古書片岡」を2009年5月1日に開業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)