• 本

防災クエスト 家族みんなで防災ミッションを攻略しよう!

出版社名 小学館クリエイティブ
出版年月 2021年3月
ISBNコード 978-4-7780-3562-4
4-7780-3562-3
税込価格 1,320円
頁数・縦 103P 21cm

商品内容

要旨

本書は、子育て家族のための防災の本です。防災をRPG(ロールプレイングゲーム)に見立て、家族みんなで楽しみながら防災スキルを身につけられる構成になっています。

目次

防災とは何かを知ろう
避難について知ろう
家の中を探索しよう
家の防御力を上げよう
防災リュックを装備してみよう
感染症対策のスキルを覚えよう
4つのキーアイテムを手に入れよう
災害用伝言ダイヤルを使ってみよう
「避難の呪文」を覚えよう
防災ウォークをしよう
防災クッキングに挑戦しよう
節水ミッションに挑戦しよう
防災キャンプでレベル上げしよう

出版社・メーカーコメント

RPG風マンガで楽しく防災に取り組める!  「防災」と聞くと、「大変そうだな」「ハードルが高いな」と感じがちですが、そんなことはありません。災害は怖いけど、防災はおもしろいんです。本書は、子どものいる家庭に最低限知っていてほしい防災の知識を、RPG(ロールプレイングゲーム)風のマンガで紹介する本です。防災はRPGに似ています。だれもが最初はレベル1。そこから少しずつ経験値を積み、スキルを覚えて、パーティ(家族)で力を合わせて災害に立ち向かう。本書では、防災スキルを覚えるための13のミッションを紹介しています。知るだけでOKの簡単なものから、少し難易度が高いものまで、さまざまですが、どれもゲーム感覚で取り組めるものばかり。防災に取り組んでいるのはママだけ、という家庭が多いかもしれませんが、パパも子どもも一緒になって、遊びながら防災に取り組めます。より詳しい知識を得たい人のために、図解ページもあります。災害時の新型コロナウイルス対策のほか、災害レスキューナースである著者ならではの、リアルで役立つ情報が満載です。防災が大変なのは初めの一歩だけ。その一歩目を踏み出すのに、本書は最適です。まずは本書を読むことから、家族の防災を始めてみてください。ぜひ本書を読んでモヤモヤと閉塞感を晴らし、変わりゆく時代をワクワクしながら生きてみませんか。

著者紹介

辻 直美 (ツジ ナオミ)  
国際災害レスキューナース。一般社団法人育母塾代表理事。吹田市民病院勤務時代に阪神・淡路大震災で被災し、実家が全壊。その後赴任した聖路加国際病院で勤務中、地下鉄サリン事件の救命活動にあたり、本格的に災害医療活動を始める。東日本大震災や西日本豪雨(平成30年7月豪雨)などで救助を行う一方、ナースの育成や企業・行政向けの防災セミナーも行っている。看護師歴29年、災害レスキューナースとしては26年活動
エイイチ (エイイチ)  
イラストレーター・漫画家。1児の父。テレビや全国誌、書籍にて芸能人の似顔絵、挿絵、漫画などを描いているほか、学校の教材や地方公共団体の啓発動画のアニメーションを制作したりするなど、多様なコンテンツを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)