• 本

「新寳島」の光と影 謎のマンガ家・酒井七馬伝

出版社名 小学館クリエイティブ
出版年月 2011年11月
ISBNコード 978-4-7780-3731-4
4-7780-3731-6
税込価格 1,362円
頁数・縦 335P 18cm

商品内容

要旨

手塚治虫の単行本デビュー作『新寶島』の原作者でありながら、マンガ史から消えたもうひとりの天才の生涯を追うドキュメンタリー。

目次

1 生いたち・マンガ・アニメ・終戦(訪問者
アニメと銀幕のスター
甥・隆道の見た七馬 ほか)
2 焼け跡・『まんがマン』・『新寶島』・赤本ブーム(ハロー進駐軍
住彦次郎との出会い
『まんがマン』創刊 ほか)
3 紙芝居・絵物語・テレビアニメ(紙芝居に転じる人々
ジェーン台風と街頭紙芝居
三邑会時代の酒井七馬 ほか)

出版社・メーカーコメント

天才・手塚治虫の影として消えたマンガ家手塚治虫の単行本デビュー作であり、戦後ストーリーマンガの出発点となった『新寶島』。この作品に原作者として関わりながらも、天才・手塚治虫の影となりマンガ史の表舞台から消えたマンガ家・酒井七馬の半生を追うノンフィクション。手塚の自伝には、『新寶島』後は思わしい仕事もなく、コーラを食事代わりにスタンドの電灯で暖をとり、餓死したとされていた酒井は、マンガや紙芝居、アニメなどで精力的な仕事を続けていた。戦前、戦後のマンガ史とアニメ史のミッシングリンクを追い、日本漫画家協会賞特別賞を受賞した作品の増補改訂版。新たに発見された証言や図版を加えて内容も充実。(書籍/マンガ評論)

著者紹介

中野 晴行 (ナカノ ハルユキ)  
1954年生まれ。和歌山大学経済学部卒業。編集者。ノンフィクションライター。「マンガ産業論」で、日本出版学会賞奨励賞、日本児童文学学会奨励賞、『謎のマンガ家・酒井七馬伝』で、日本漫画協会賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)