• 本

女性受刑者とわが子をつなぐ絵本の読みあい

出版社名 かもがわ出版
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-7803-1162-4
4-7803-1162-4
税込価格 1,980円
頁数・縦 190P 21cm

商品内容

要旨

「もう、こんな悲しみに立ち止まっているわけにはいかない。」日本初の官民協働刑務所で、矯正プログラム絵本の読みあいが育む自分を愛するちから。「読みあい」実践の集大成。絵本のちから、読みあいの可能性を信じ続けて。

目次

1 読みあいを矯正の場に生かす―絆プログラムの概要(絵本の効用なんて、文学にそぐわない?
はじまりは、読書療法との出会い ほか)
2 一人でも独りじゃない―絆プログラム12年間の記録(繊細な時間・繊細なしぐさ
わが子との絆を取りもどす再出発への願い ほか)
3 家族・社会につなぐ海外の試み―感情が響きあう場づくり(ストーリーブック・ダッズとは?
居心地のいい場所、収録現場の見学 ほか)
4 受刑者処遇の未来へ向けて―絆プログラムの意義と今後の課題(刑務所とはなにか?
PFI刑務所の出現とその運用 ほか)
5 2020年の読みあいから見えてきたもの―哀しみを得て生きすすむ(ここからいっしょに回復の道を 2020.9.14.
気持ちをゼロ地点にもどして 2020.9.28. ほか)

出版社・メーカーコメント

初の官民協働刑務所で絵本の読みあいをベースに開発した矯正プログラム12年の実践報告。誰も排除しない社会へ矯正処遇の可能性を広げる。

著者紹介

村中 李衣 (ムラナカ リエ)  
児童文学作家、ノートルダム清心女子大学児童学科教授。0歳から100歳まで、いろいろな場所でさまざまな人との絵本の読みあいを行いながら、児童文学や絵本の創作を続ける
中島 学 (ナカジマ マナブ)  
美祢社会復帰促進センター元センター長。福岡少年院長などを経て、法務省札幌矯正管区長。矯正施設から家族等への帰住が困難な方々への社会的な支援体制の構築等にも関わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)