• 本

「不安」は悪いことじゃない 脳科学と人文学が教える「こころの処方箋」

出版社名 イースト・プレス
出版年月 2018年6月
ISBNコード 978-4-7816-1679-7
4-7816-1679-8
税込価格 1,870円
頁数・縦 287P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

不確実な時代を生き抜くための考え方とは。脳という「人体のメカニズム」、生き方を指し示す「思想」…。異なる「2つの視点」で考える“不安とは何か”論。

目次

第1章 「不安」とは何か
第2章 現代社会の「不安」
第3章 進化する脳
第4章 不安・自由・個人
第5章 不安を遠ざける社会
第6章 不安が社会を脅かすという専門家
第7章 「不安をめぐる対話」

著者紹介

伊藤 浩志 (イトウ ヒロシ)  
1961年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。ストレス研究で博士号取得。専門は脳神経科学、リスク論、科学技術社会論。独立研究者。関心事項は、現代社会のストレスと不安、健康格差、福島原発事故後の健康問題など。元新聞記者。阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件、脳死臓器移植、遺伝子組み換え食品など、科学・先端医療がからむ社会問題を担当した
島薗 進 (シマゾノ ススム)  
1948年生まれ、宗教学者。東京大学名誉教授。上智大学大学院実践宗教学研究科教授・同グリーフケア研究所所長。宗教学をベースに、死生学やスピリチュアリティなど境界を超えて幅広い活動を精力的に展開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)