• 本

徒然花

新版

出版社名 イースト・プレス
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-7816-1826-5
4-7816-1826-X
税込価格 1,650円
頁数・縦 230P 19cm

商品内容

要旨

2002年から2019年までに起こった日本や世界のできごと、旅先での気づき、家族のことや身近な人の死について綴った珠玉のエッセイ集。

目次

拉致問題と現代日本若者像
乳母制度考
高円宮様追悼〜“もったいない”
2003年頭に想う
南の島から帰国して
早春の診察室〜親子学歴戦争
virtualとreal〜時の流れの中で
いのち
教育審議委員会から〜学ぶ意欲と学力の定着
故郷の山々に想う〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

人の心模様や日常も様変わりしています。2002年から2019年までに起こった日本や世界のできごと、旅先での気づき、家族のことや身近な人の死について綴った珠玉のエッセイ集。そのエッセイを読むことで「こんなこともあった」と思い返したり、追体験をすることができるかもしれません。

著者紹介

丹羽 和賀美 (ニワ ワカミ)  
精神科医。精神保健指定医。精神科専門医。岐阜県多治見市出身。名古屋市立大学医学部卒業後、国立静岡病院(神経内科)レジデントとして研修。名古屋市立大学病院精神医学教室、資生会八事病院、医療法人リラ溝口病院(思春期外来診療部長)等での勤務を経て、2002年4月横浜市青葉区あざみ野に「和みのクリニック(心療内科、精神科)」を開設し、現在に至る。専門:精神病理学、青年期精神医学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)