• 本

SNS変遷史 「いいね!」でつながる社会のゆくえ

イースト新書 118

出版社名 イースト・プレス
出版年月 2019年10月
ISBNコード 978-4-7816-5118-7
4-7816-5118-6
税込価格 1,012円
頁数・縦 325P 18cm

商品内容

要旨

mixi、Facebook、Twitter、Instagram、LINE、Snapchat、TikTok…。誕生からわずか十五年あまりで、SNSは社会のあり様を大きく変えた。2ちゃんねるのような巨大掲示板、メルマガやブログのような個人発信のツールなどを前史として、SNSは個人ページ型から、タイムライン型、さらには体験をシェアする画像・動画共有にいたるまで、多様性を増している。この目まぐるしい変化の裏にある、承認欲求やシェアする心理とは、いかなるものなのか。また今後どのように変貌していくのか。気鋭のメディア研究者が、SNSの変遷と展望を読み解く!

目次

第1章 SNSの現在地―各ツールの使われ方と特性(ある「若いSNSユーザー」の一日
MAUから見るSNS利用状況 ほか)
第2章 SNS黎明期―理想主義とリアルタイムウェブ(パソコン通信から、個人サイトやメールマガジンへ
日本のソーシャル環境は2ちゃんねるの道に通ず ほか)
第3章 SNS拡大期―スマホシフトとビジュアルコミュニケーション(「スマホシフト」がサービスの覇権を変えた
アテンション・エコノミーの時代へ ほか)
第4章 SNS定着期―シェアの多様化とシミュラークル拡散(我シェアする、ゆえに我あり
人々はSNSで何をシェアしているのか? ほか)
第5章 SNSのゆくえ―コミュニケーション速度と分有のあり方(SNSは飽和して同質化した?
リブラは世界をつなぐ「お金」となるか? ほか)

著者紹介

天野 彬 (アマノ アキラ)  
電通メディアイノベーションラボ主任研究員。1986年生まれ。一橋大学社会学部卒業、東京大学大学院学際情報学府修士課程修了。若年層のメディア行動やSNSの動向に関する研究/執筆/コンサルティングを専門とする。経済番組でのコメンテーターや各種講演でのスピーカーなど経験多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)